読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

ふゆのにしたび part2 三輪~鴨都波神社・高鴨神社

西旅二日目は奈良県へ。 前日もご一緒下さった千晶ちゃんと一緒に御所市は葛城古道を歩いてきましたよ~~^^ 前日のMariaさんのセッションで、葛城との魂のご縁があるとのことで、いざ葛城へ。 前回も奈良とのご縁を感じる旅でしたが、魂的にもよっぽど奈…

ふゆのにしたび part1 京都・伏見稲荷~藤森神社

去年の年末、再び京都~奈良の旅に出ていました。 どんだけ西が好きなの、わたし(笑) 11月末に、「行かなきゃ!」と急に思い立っての旅だったのですが、今回もミラクルトラベルで(笑)ちょっとまだ半分魂があっちに行ってる感じですw 初日には、折々にお…

さまよいびとよ、なぜ旅に出るのか。汝が今くぐり抜けた扉をみよ。

Art by Christophe Vacher 最近、個人が抱える様々な問題の入口と出口のトビラは一緒ということをつくづく思うのです。 問題を解決するためにどこか遠くの目的地を探すような旅に出るとしたら、たぶん一生旅をし続けることになるのではないかと思います。 ト…

火と水のコンツェルト

火と水のバランスを取ると最強らしい(?!) 火と水のエネルギーの交わるところ。 双方の調和の取れた場所というのは、とても穏やかな場所だということを色んな土地へ訪れるたびに思うのです。まるでレムリアのような穏やかで愛しい場所。 例えばご神体山と…

(仮)幸せになるって重いの。

皆様コンニチハ。しばらく心身ともにバタンキュー(古い)しておりましたAnnaです。夏場にトドメとばかりにHPに大打撃を受ける出来事が続いたこと、 仕事の疲れやら何やらが重なり、アタマでは良く分かっていなかったものの、 相当に肉体の力、、生命力が落…

「 姫神の来歴 ~古代史を覆す国つ神の系図~ 」 高山貴久子

「夢の中で、わたしは、なぜか、古代日本の衣装を着て立っている。傍らには、おなじく古代日本の衣装をまとった男神(おがみ)がひとり立っていて、少し離 れて、女神がひとりしゃがみこんでいる。そこは小川のほとりで、木立が見える。新緑がまぶしく、春の…

大王(おおきみ)呼びされてることがバレタ。

なんちゅータイトルだww それは取りあえずさておき、 Feather of SnowのRiccaさんに、退院したらふじみ野に遊びにおいで~とお誘い頂いていて、ずっとバタバタしていてお邪魔できなかったのですが、先週末とうとうお邪魔してきました^^ 朝8時代にふじみ野…

棚機津女(たなばたつめ)にみる古代祭祀

去年から意識的に土地巡りをしてきて、気づいたことが色々あるのですが、その一つに龍と織姫(機織の女性)の伝承がセットになって伝わっている場所がとても多いということがあります。 龍の住む沼に機織をする美しい女性が現れるとか、竜宮城にいったら美し…

古代日本と会津の妄想。

超古代(ニューエイジやスピリチャルの思想でいう、レムリアやムー、アトランティスの時代)から縄文前後まで、日本の各地には、シャーマニックに生きる人々が住んでいた。 現代の人が言う龍や精霊など、自然や宇宙の生命体・エネルギーと繋がりナチュラルに…

Do you hear the people sing?

少し前の事になりますが、今年の1月、ちょうど映画レ・ミゼラブルのこの記事を書いている時のことでした。 ↑は『民衆の歌』を聞きながら、テンションが上がりに上がって一気に書き上げた記事なのですね。 記事投稿後もPCに向かいながら作業していたのですが…

宇宙、そして女神の子宮

3/31復活祭の日、Arganza様での読書会Bに参加して参りました。いや〜っ本当に楽しかった!そして来週はイリゼさんのふじみ野での女神とスターピープルに関するWSです。タイミングを計ったかのようにここ最近女神づいているのは何なのでしょうww うん、やは…

女神とのつながり

本来、豊穣多産の植物神としてイシュタルやアスタルテー同様に金星の女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。しかし古 典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった…

「 村田エフェンディ滞土録 」 梨木香歩

だいぶ前に読み終わって、レビュー書こうと思っていたのですが、今の今になってしまいました。 うん、やっぱり梨木さんの小説はいいなぁ。笑 一時期、10代後半~20代前半のころ阿呆のごとく本を読み漁っていた時期があり、量を読むことに躍起になって結局内…

パエトンの墜落

私には幼い頃、良く見る夢がありました。 小学校の遠足で担任の先生に引率されながら、クラスメイト達と一緒に歩いていると、着いた場所は何故か夕暮れの海辺…。 私の住んでいるところは東北の内陸なので、歩いていける距離にもちろん海はありません。「ここ…