読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

(仮)幸せになるって重いの。

皆様コンニチハ。しばらく心身ともにバタンキュー(古い)しておりましたAnnaです。夏場にトドメとばかりにHPに大打撃を受ける出来事が続いたこと、
仕事の疲れやら何やらが重なり、アタマでは良く分かっていなかったものの、
相当に肉体の力、、生命力が落ちていたようです。

肉体の力、もしくは生命力が低下すると、グラウンディングが甘くなって変なMPが上がるせいか、妖怪アンテナビビビやけに敏感になっておりました。

不思議な時間でしたね、水の中に居るような、月の世界にいるような。
人生の折々に時々訪れる、清濁ぐるぐるな、はざまタイムでした。

そうして、はざまタイムに、無意識に私が自分の幸せや自分の本質的なエネルギーにブレーキをかけてしまい、他者にエネルギーを明け渡してしまうようなことをする原因は、一体何なんだろうということをぼんやり考えていました。
基本魚座ビシャ子なので、自分と相手と世界との境界が曖昧で、自分でも気づかないうちに入り込んだり入り込まれたりしてるんですが。
結局、生命力薄くなってた件も、いつの間にか、見える見えざるに関わらず色んな存在にエネルギーチューチューさせていたというのがありました。
ひとつ、思い当たることがあるとすれば、今より若い頃に、他人の人生を左右するほど、相手を傷つけてしまったことがあり。その時に、私は明確に自分の感情とかもう見たくないものとかに鍵をかけるイメージングをしていたのですよ。
自分の罪と真っ向から向き合うと自分が壊れちゃうから。。
でもそれは奥深くに常にあるものなので、どっかでこんな私は幸せになっちゃいけないという想いがあったのだと思います。

でもここにメスを入れ無い限りは幸せになれないとかだったら、もうどうしていいか分らんし。加害者(大げさか)としてまず手放して良い物かもわからん。。
わからんから鍵をかけたんだけど、これとどう向き合うかどうしたらよいのか…と思いあぐねていました。

徐々に心身も回復してきて、そいで某映画を観に行った先週の火曜日。
映画の中で描かれる、過去に自分が犯した罪から、自分を犠牲にして他者を守ろうとする主人公が自分の輪郭に少しだけリンクしました。
自分一人の幸せや命も貴いものなのに、自己を犠牲にすることは逃げているだけだという彼の師の言葉。
けして哲学的な映画ではないと思うのですが、それでぼんやり開眼したよね。

自分が不幸になる状況を引き寄せていた、罪の意識。
私は向き合う勇気がないから、裁かれる人を続けていたのかもな、と。
そう気付いた瞬間、ひとつの答えが出た気がしました。


「傷つけた相手がいるということを受け止めながら、自分のことも幸せにする。そういう覚悟を持つ。」

言葉にするとなんか軽薄な感じがするけど、きっとそういうことなんじゃないかなと思いました。
これってすごく重いことだ。
幸せになるって、重いことだ。
そう思いました。

うん、ネガティブな意味じゃなくてね。
「重みがある。」
でも、いいんだけど、「重みがある」じゃ軽すぎる。重い、んだよ。と。
これも適切な言葉じゃないなぁ〜。
なんか伝わるいい言葉ないかしら?w
 
幸せになるという、その覚悟があれば、今起きている全てのことが解決する気がしました。

ん。でも重いと言っておきながらなんだけど。
自己と他者と世界がふわっと幸せになることが一番の望みです。

 
なんちゃって。