読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

魔法使いの大先輩と秩父三社巡り

聖地巡礼

さて、キスマイのツアーあけて次の日。(あ、レポ記事はこちらへ
眠い瞼をこすりながら朝早く待ち合わせ場所に移動。
この日は、魔法使いの先輩wでもあるRicca兄貴と旦那様に三峯神社に連れて行ってもらうことに。西武秩父駅を目指しごーごー!合流して旦那様から手渡された旅のしおりがこれですwwww

ちょおおおwwww
クオリティwwwww
眠気が一気に吹き飛びました!!!!


まずは秩父神社へ。

 
崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫 である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされています。
中世以降、秩父平氏 の奉じる妙見信仰が習合され、長く妙見信仰の神社として栄えているそうです。妙見信仰とは北極星や北斗七星を神格化したもの。
 

境内の彫物がとっても立派だなあと思ったら、東照宮の眠り猫を作った左甚五郎の作だそうですよ~。
本殿の裏にずらーーーっと72社、天地地祇社が祀られていました。全国の一の宮をお祀りしているそうで、兄貴を真似て取りあえずわたしも全部にご挨拶しました(笑)もしかしたら、まだご挨拶していない全国津々浦々のお社にいつかお邪魔させて頂く機会もあるかもしれないしね。
 
 
そして本殿裏にこのような看板が。
ほうほう、このフクロウちゃん、後ろの正面の妙見菩薩をガン見してるのね と思ったら。その方角から1羽の大きなクロアゲハ(ジャコウアゲハだそうです^^)が。御使い^^
 
秩父神社から移動してイザ!三峯へ。

 

私、昔からオオカミ・ヤマイヌという存在になんとなく憧れがあり、 三峯は熊野と同じでいつか行きたい場所の一つでした。なんとなくだけどキスマイちゃんたちのエナジーも三峯と親和性があるのかもなあ。なんて。 御礼参りも兼ね、ツアー明けに三峯に行けることが本当に嬉しかったのです~。
しかし…三峯までの道のり…めっちゃ山ね!!!爆
兄貴と旦那様いてくれなかったら絶対に辿り着けない。本当にありがとうございます(>_<) そして三峯!やっぱり想像してた通り、ここ好きだわ~~!
 
シルバーウィークで観光客がとっても多かったのですが、それでもこの土地のエネルギーはとっても充分静かで清んでいます。
兄貴が「綺麗な湖に浸かって、禊がれているような感覚」と仰っていたけど、まさにその通り。境内はとってもヒンヤリ。でもそれが嫌な感じじゃなく、不要なものが削ぎ落とされていく感覚なの。拝殿前はすごーい行列だったので、脇から参拝させて頂きました。


本殿横でぼーっとしてたら、びっくり!境内の温度と本殿の近くの温度が全然違う~!あったかいの。あんなにはっきり感じるの珍しくてびっくり。笑 ちょうどご祈祷中だったみたいで、祝詞にあわせてエネルギーが螺旋上に廻ってるのを感じました。

拝殿を後にして、奥宮遥拝所へ。
なんちゅー気持ちのいい場所(ToT)兄貴曰く、龍の通り道だそうですが、さもありなん。向こうに見えるお山が奥の宮がある山です。
 
小道があったのでちょっと外れて進んでみると、磐座をくりぬいたようなところに小さな祠はっけーん!ココ本当に心地よい…ここに来れて良かった( ;∀;)
 

かねてから兄貴にお願いしていた龍神ヒーリングをこの磐座の前で受けることに。自然の中に溶けました。三峯のこの磐座にお会いできたことで、私の中でまた土地巡りに対するいろーーんなごちゃごちゃが取れた感じ。 こうやって光や森や水のキラキラを感じてればいいだけなんだって。そしてありがとうの気持ちだけあればいいやって。三峯に到着した時は結構グロッキー状態だったのですが、帰る頃には本当にすっきりしていました。三峯のエナジーと兄貴の龍たちのおかげですね。

最後は長瀞宝登山神社へ。

言葉の響きからホド=ホト(女性の陰部)なイメージで、女神を祀っているのかとおもったけど、ご由緒だいぶちがいました。社 伝によれば、日本武尊が東征の際、遥拝するため山頂に向っていると大きなヤマイヌさんが出てきて道案内をしたそうです。その途中、東北方より猛火の燃えて 来るのに遭ったそう。するとそのヤマイヌさんが猛然と火中に跳入って火を消し止め、無事頂上へ登ることができたそうで、このことから「火止山」の名が起 き、のちに「宝登山」となったそうです。

三峯もね、そうだけどご由緒にヤマトタケルまた来ましたよ。
しかし別な伝承ではダイダラボッチ宝登山を作ったというものもあるそうなのです。ダイダラボッチ…、忘れ去られた古への巨神はアルクトゥルスの名残かもしれないと思うこの頃です。
実際の宝登山神社は男性的で、でもどこか水のエナジーも感じる場所。
ちょっとだけ弥彦に似ている気がしました。 麓のお社ではちょっと全貌がつかめませんでしたが、山に何か眠っている感じがありました。
好きとか嫌いとか、そういうのじゃなく、ここはとっても気になる場所。
もしかしたら本当に古の何かが長き眠りについているのかもなあ。