読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

Kis-My-Ft2 5th album 【 I Scream 】

ジャニーズ・キスマイごと 音楽

f:id:apros711:20160708095407j:image

とうとうキスマイ、夏のツアー始まりましたね~~。
私も大阪2日間行ってきました、ほんっとーに楽しかった!!
レポは後日するとして、6月22日に発売されたキスマイデビュー5周年のアルバム、「 I Scream 」について記事を綴ってみたいと思います。

思えば、キスマイの音楽的な部分についてここで触れるのは初めて。というのも、キスマイに関しては少々客観性を失った状態でのめり込んでいるので(笑)改めて紹介するのはどうやってもステマでしかないような気がしていたのです…が!…むしろ今回は積極的にステマしたい!と思える、彼らのメジャーデビュー5周年のアルバム「I Scream」、それぐらいイイ!のですよ。

まず今回のアルバムは、テーマとコンセプト、収録曲、特典映像、パッケージのデザイン等、全体のバランスとボリュームがとっても良いなぁというのを感じました。たくさんの要素を1つにまとめあげることはとても難しいと思うのですが、叫び(スクリーム)たくなるような曲から、アイスクリームのように甘くて蕩けそうな曲が7人の個性を活かしながら「I Scream」というタイトルの元にうまく集約されており、とても完成度の高いアルバムに仕上がっているように思います。

アルバムの収録曲は、いつものようにovertureで幕を開け、夏の壮大なパレードをイメージさせるリード曲の「Yes! I Scream」。
クラブミュージック風なお洒落で今っぽいサウンドの「Summer Breeze」「Flamingo」「I Scream Night」など、一聴にはジャニーズっぽくないような曲たちから、「メガ☆ラブ」や「MU-CHU-DE恋してる」の可愛い王道アイドルソング。
また、メンバー全員で歌詞を書きあげたファンレターへの返信である「Re:(あーるいー)」、「夕空」や「NOVEL」などの聞かせるバラ―ド。
攻め系で尖った曲ができるのがキスマイの持ち味だと思うのですが、そのラインの更に進化を感じる「PSYCHO」や藤ヶ谷君と北山君のリードボーカル二人の「&say」など。
これだけでもバラエティに富んでいるのはお分かり頂けると思うのですが、それだけでなく、さらには限定盤にはメンバーそれぞれのソロ曲とソロMVがついているという、豪華すぎるぐらいの内容なのですが、それらのバランスが胃もたれすることもなくヒジョーに良いバランスでおさめられてるなあと個人的には感じるのです。

とにかく、彼らそれぞれの個性、経験と努力に裏付けられた質の高い魅力あふれるパフォーマンスを5周年のアルバムで、これでもかと見せつけています。
今までのアルバムにそれを感じなかったわけではないのですが、時間も労力もお金もかけて良いもの作ってます!というのが強く感じられます。やっぱり作り手の愛情や手間みたいなものが感じられるものはいいですね。

キスマイって泥臭いところ、(ディスってはないよ)が持ち味でもあると思うのですが、泥臭いことをしっかりやってるからこそ軸というか根っこがとっても強くって、全力でカッコイイやった時にむちゃくちゃ綺麗な花が咲くんだなあと、今回のアルバムを通して改めて感じました。フェイクじゃない本物のかっこよさというか。

今までに積み重ねてきたものを踏襲しながらも、新しいことにも挑戦、進化が見れるアルバム。ファンにとって大事な1枚になるのは間違いないと思うのですが、とても聞きやすくエンターテイメントがぎっしり詰まっている1枚なので、ファン以外の方にも1度手にとって聞いてもらいたいなあ~と僭越ながらそう思っておりマス。

 f:id:apros711:20160708184103j:image

ちなみにジャケットのメンバーの写真はデビュー以来ずっと撮り続けてくれているレスリー・キー氏で。レスリーによって引き出された彼らの魅力たっぷりのスクリーム顔がとってもかわいいのです。レスリーのお写真すきー

 

↓曲の感想などは続きで。(7/8書きかけです)

 

01 “5th” Overture  

キスマイのアルバムはオーバーチュアで始まり、それがそのままコンサートのオーバーチュアになるので、オーバーチュア―を聞くと自然と気持ちが高揚します(笑)


02 YES! I SCREAM  

前へ前へと走り続けるキスマイのみんなの5周年にふさわしい曲。歌詞をちゃんと拾っていくと泣きそうになってしまう…なんなら「Go Rise 今よりもっと前へ」っていう歌詞聞くだけで、うううってなってしまう(笑)キスマイちゃんのパレードに着いて行って、未来に待っている美しい景色を一緒に観たいな、とそう思わせるような、そんな楽曲。MVのみんなのポップな衣装が可愛いし、何よりきたやまくんのビジュアルが非常に良い。


03 Summer Breeze  

波の音と口笛が可愛い。ゆったり聞きたいとっても夏っぽい一曲。おしゃれー。リゾートのようなゆったりした気分の味わえる夏曲はいいですね。むかーし、Dario Gというイギリスのエレクトロニカのグループ(多分、笑)のSunmachineというアルバムをよく聞いていたのですが、それを思い出しました。「Summer Breeze」「Flamingo」「I Scream Night」の3曲が入っていることが、このアルバムの全体の雰囲気を決定づけているような気がします。


04 Gravity  

藤ヶ谷君主演のドラマ&映画「MARS」の主題歌。歌詞は山本領平氏。MVやダンス、歌詞の世界観がとっても好きでよく聞いています。MVの北山君がセクシーで。重量感ある世界観って月冥王星蠍合の北山君によく似合う。「何のため 誰のため 眼を閉じれば浮かんだ もう闇なんて 怖くない」の藤北パートのハーモニーが美しくて、そこは音量も上げがち(笑)


05 PSYCHO 

美しい主旋律と、ゴリゴリ歌い上げるところとの対比がむちゃくちゃかっこよい。和っぽいミックスでまとめ上げた、攻め系の一曲。トビハネたくなるよねー(笑)藤ヶ谷君の伸びる高音ボイスも素晴らしいし、PSYCHO最。get ready to rumbleの歌詞の通り、さー!いっちょ戦いに行くぞー!って感じの曲。


06 & say(北山宏光 & 藤ヶ谷太輔

FIRE!!!~証から更に進化を遂げた藤北シンメ曲。作詞を藤ヶ谷君、作曲を北山君が手掛けているとのこと。「イマ何ヲ想ウノ」「FORM」など北山君の作るメロディーはとても好きなのですが、「あ、これ、北山君作曲なの?」とクレジットを観て最初に吃驚しました。もちろん編曲のチカラもあると思いますがメロディーがどんどん変調していて、北山君かなり攻めてるなーという感想。そのメロディーに藤ヶ谷君の歌詞が乗っかりサビに向かって徐々に盛り上がっていく感じが、SadsのLiberationを思い出しました、全然曲調もテンポも違うけど(笑)オリエンタルな雰囲気もありとってもカッコイイ1曲。


07 Flamingo  

こちらも透明感のある夏っぽいおしゃれな1曲。Gravityと同じく、歌詞は山本領平氏。ほんとーに歌詞が素晴らしくて!!恋してる気持ちの切なさが溢れ出しそうな、ほんのりピンクに色づいているような。夕方のホテルのラウンジ、大人な男女の淡くてピュアな恋心のイメージ。


08 夕空  

歌詞に描かれている情景と二人の時間がゆったりと流れていく、世界観のとても美しいバラード。「君が望むような幸せを 僕はあげられているのかな」のところで毎度毎度ハートがぎゅっとするのです。時間軸を越えて、とか永遠の中の一瞬みたいなものを感じさせるような世界観がとても好きで、この曲もゆっくり聞き込んでいきたいな~とそう思います。


09 最後もやっぱり君  

玉森君の主演映画「レインツリーの国」の主題歌。作詞作曲をつんく氏が手掛けている名バラード。歌詞が本当に素晴らしくて、最初に聴いた時に泣いた(笑)「地球もきっとそうだよ 人生もきっと同じ」「1秒で分かるような時もあるし きっと死ぬまでわかり合えぬ事もあるだろう」というフレーズが凄く好き。シンプルな言葉なんだけど、つんくさんの人生経験とか魂の深さからくる言葉がとても心に響くので、いろんな人に聞いてほしいなと思う1曲。


10 AAO 

玉森君のドラマ「青春探偵ハルヤ」の主題歌。ナオト・インティライミさんが作詞作曲。とってもナオトさんらしくて、聞くと元気が出るようなそんな1曲。「エイエイオー、手を突き出して、太陽のエナジーもらって」ところ聞くと自然と笑みがこぼれてしまう。


11 メガ☆ラブ  

「CHEER!! CHEER!! 最強クラスの クラクラしちゃう恋をしよう」ではじまる、盛り上がるカワイイ系夏の王道アイドルソング。歌詞カードにここでレスポンスするのねと思わせるマークがあるのでコンサートが楽しみ(笑)


12 MU-CHU-DE 恋してる  

藤ヶ谷君が銀座カラーのCMで「キラキラの恋しよう♪」って狼耳を着けて歌い踊っているあの曲です。メガ☆ラブ同様、歌詞もメロディーもお菓子みたいに甘くてかわいい。余談ですが地元では銀座カラーのCMは流れないのが非常に無念です。。


13 NOVEL -Album ver.-  

AAOのカップリング曲として収録されていたNOVEL。アルバムバージョンはシングル時より壮大な雰囲気。夕空とイメージがかぶりがち(笑)だけど、どちらかといえば夕空のほうが好みかな~。


14 Re:  

メンバーがそれぞれファンに向けて書いたお手紙を、宮田くんがまとめて歌詞にしたというバラード。特典映像にメンバーソロで1曲丸ごと歌い上げるRe:の映像もついていて、それもとっても嬉しかったです。


15 I Scream Night  

3回に1回はI Scream Nightを聞いており、今までのキスマイの楽曲で1番好きなぐらいI Scream Night大好き人間です。(それまでの1位はDiamond Honey)夏の夜のタノシイひと時が終わり、空が明るみ始める。終わりと始まりを予感させるようなメランコリックなミュージック。今までのアルバムは、どちらかというとOvertureで始まり、Re:のような胸にしみるバラードで終わるというのがお決まりな感じだったのですが、この曲で締めるというところがとてもオツだなぁと思いました。まだ終わりたくないな~。

 

16 WANTED(通常盤ボーナストラック)

 


~~ソロ曲&ソロMV~~


01 今ナニヲ想ウノ(北山宏光)  

作詞作曲を北山君が手掛けた切ない系バラード。デビュー前に藤ヶ谷君とクリエで2人でコンサートした時に披露された曲。キスブサで再披露して最下位をとり、「あんな大事な曲を…こんな形で…」「きちんと音源化してくれ…」とその日のtwitterで古くからの北山担は荒れに荒れていた記憶。2014年ごろからのファンであるいわゆる新規の私が(笑)簡単に語ることをゆるされないような雰囲気はあるね。北山君の癖のある声が胸に染みる神曲。友達の失恋話を元に書いた曲と言ってるけど、正直そこは誰も信じていないと思う(笑)


02 Get Ready(千賀健永)  

MVでKiss魂やGravityの振付を担当したs**t kingz(シットキングス)さんと一緒に踊っている千賀さんがとっても楽しそうな1曲。西海岸風なテイスト(湘南だけど)がヒジョーに千ちゃんらしい。ノリノリでこっちまで踊りだしたくなるような。


03 ヲタクだったってIt’s Alright!(宮田俊哉)  

タイトルがすべてを物語っている、宮っちらしさ全開の曲。ヒャダインさん作詞作曲でMVに鉄拳さんのパラパラ漫画が入っているというすごく豪華な曲。本物のヲタクたちを従えて踊るサイリウムでのヲタ芸は本当にカッコイイ。アイドルとヲタクのフュージョン芸はみやっちにしかできないから、これからもヲタク道を極めていって欲しいです。笑


04 ワッター弁当(横尾渉)  

横尾さんがメンバーにお弁当を作るというコンセプトの曲。MVは横尾さんがお弁当をつくってるだけの映像(途中板前のクッキングラップ有り)なのになんだか癒されちゃうんだよな~~。コーラスにはメンバー全員が参加しており、キスマイの母を盛り上げています。横尾さん=歌が下手。というのはひとつのキャラクターとして成立していると思うけど、ほんと年々歌が上手くなってきている気がする(笑)


05 You're Liar♡(藤ヶ谷太輔)  

楽曲中にバッハの小フーガト短調の旋律がサンプリングして使用されている。歌詞は女性視点。藤ヶ谷君って印象から怖い人とかオラオラ系って思われがち(ASC獅子)だけど、星から見てもライツが蟹双子で全体的に柔軟宮めちゃめちゃ多いし、すごい天然なのが伝わる。フェミニンな部分もあるので、女性目線の歌詞がとっても似合うと思う。この曲の世界観をどうコンサートでパフォーマンスするかが楽しみ。


06 ALIVE(玉森裕太)  

EDM(←この言葉って昔からあった?!)がやりたいという玉ちゃんのかっこいい1曲。MVでは真っ白な世界で惜しげもなく肉体美を晒している玉ちゃん。アート性が高く未来的で不思議で尖がった世界観。Lady Gagaっぽい。ほわほわゆるゆるの玉ちゃんの中にこういう世界観があるというのが面白いな~と思いました。そこらへんが魚座っぽくもあるなぁと、やっぱり月は蠍かな。


07 ジョッシー松村のSCREAM(二階堂高嗣) 

玉森君に恋するイケてない女子が努力して綺麗になるというストーリーの曲。個人的にソロ曲はジョッシーがイチオシだったりします。笑 最初、タイトルを聞いた時はニカちゃんどうした?!(笑)と思ったけど、蓋を開けみればすごく作りこまれた世界観で大好きです。MVはアグリーベティっぽくもあり、藤井隆のOh my julietぽくもある。ジョッシーが可愛いのと、玉ちゃんってやっぱりイケメンで演技うまいんだなとジョッシーのMV観て再確認しました。

 

FIRE!!! (藤ヶ谷太輔北山宏光

メンバーそれぞれソロ曲のMVに挑戦しておりますが、この二人だけは2014年のアルバム収録曲の二人のユニット曲であるFIRE!!!のMVを。リードボーカルでシンメである2人の絶対的にカッコよくてセクシーな1曲。クラブで1人の女性を取り合うというテーマで、二人が歌詞を書いているのですが、2014年と2015年のコンサートのパフォーマンス、そしてMVを見てる限りは、女性が入り込む余地もなく藤北がお互いの事を煽っているだけで、二人のVSの構図がただただかっこいい1曲。世界観と衣装が北山君、カット割などを藤ヶ谷君。地下の怪しげなクラブで繰り広げられる二人の世界。MVで北山君のピアスが久しぶりに解禁されてtwitterではみんな狂喜乱舞していました。しかし藤北シンメ好きでなくても、この二人の関係性って見てるとグッとくるものがあるよなぁといつも思います。

 

 

 

I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)

I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)

 
I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)

I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)

 
I SCREAM(2CD)(通常盤)

I SCREAM(2CD)(通常盤)