読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

(8/27追記あり)オリコンランキングとアイドルを楽しむといふこと。

ジャニーズ・キスマイごと

f:id:apros711:20160826154124j:image

一昨日、キスマイちゃんデビュー5周年目の17枚目のシングル「Sha la la☆Summer Time」が発売されました。オリコンチャートでデビュー以来、1位を獲得してきたわけですが、一昨日発売のシングルがオリコンデイリーで2位になってしまい、キスマイファンはTwitter等ですごくざわついております。
んでもってそのデイリー1位を獲ったのが名古屋のご当地男性アイドルBOYS AND MENという人たち。

どうやら、メジャーデビューで紅白出場を目指す!というスローガンでメンバーもファンも推しに推してる様子。ジャニーズもびっくりの12形態でCDを発売、半年前から地方を回ってCD予約を取り、今週は毎日CD購入イベント、しかもそのイベントというのがCD1枚で握手、CD3枚買うと2ショット写真が撮れるという…1人30枚買うぐらいのレベルなファンもたくさんいるようで(間違った情報だったらすみません)アーティストとファンの努力と熱意は本当に素晴らしいもので、拍手を送りたくなります。

対してキスマイファンは、せめてウィークリー1位を取らせたいということで、一昨日あたりからオリコン加盟店で必死に追加購入していて、昨日のオリコンの累計ではなんとか1位を取り返しました。でもまだBillboardなどのランキングでは負けてるので、今週1週間が勝負かなと、まだまだ追加購入を検討しているヲタクだらけであります。

「募金じゃないんだから…。」
「欲しいと思わせるものを作るのが仕事でしょ?無理やり買うの変じゃない?」

という至極ごもっともな意見も飛び交う中、それでも少しでもお金に余裕のある大多数は、追加購入して、Twitterでも彼らの名前とシングル名をたくさんツイートするという一致団結の様相。それは「5周年という祝いの季節に連続記録を途切れさせたくない。」という想いからなのかなぁと分析していますが、

「数字を残して、彼らが更に良いお仕事をたくさんできるようにしたい。」

っていう声も非常に多いように思います。

資本主義のパワーゲームの中でがっつり生きてる人達を好きになったわけで、その世界を純粋に面白いなあと思っているし、彼らにはそこで頂点を目指してほしいと思うけども、一方でメタフィジ畑に居た私はどちらかというと今まで男性優位主義(チカラがすべて)の世界に疑念を常々抱いてきたから、その枠を越えれないことにはどこか不満足でもあります。
欲を言うのであればそれを越えて彼らが表現したいものを純粋に見たいとちょっぴり思ってはいます。

…けど、その制限されまくった枠の中で勝負することが彼らと、私を含め彼らを応援する人々のアイデンティティでもあるわけだということもことも知っていて。(彼らはそれぞれ輝く存在であることには違いはないのだから、既存のルールを越えてそれを提供できる存在であることも強く私は信じているけど。)

今までやりつくされた方法、体制や母体=芸能界やショウビズの世界のシステムなど…は決してベストなものではないだろうと思います、古いものに認めてもらわないと(チカラや数などで)輝くことすら許されない世界なのかもしれない。だからこそ、そのルールに従って頂点を目指すゲームをしているように見えるということが、なんだか今の世界の縮図みたいなものを見た気分でもあり、勝手に複雑な感情にはなるけれども、そういったものを越えたところ、もしくは根底には、「圧倒的な美やよろこびなどに感覚や魂を震わせたいという」欲求があるはずだし、本人達もファンもそれを求めてるはず。

その世界の中にいるからこそ見える景色もあるわけで、その中に居ながら、それを追求し折々に私たちに感動や喜びを味わせてくれる彼らのことを、この地球という制限されまくったステージに生きる人間として本当に尊敬しています。

アイドルは楽しむためのもので、応援するものではないという意見も見かけました。それはある意味間違いではないと思います。
どれがいいとか悪いとかではない、エンターテイメント、そしてアイドルの楽しみ方は人それぞれ。

そんな中で私は、応援する楽しみ、みたいなものもあるよなぁということに、キスマイと出会って初めて気づきました。彼らがやりたいこと、挑戦したい事は全力で応援したい…それは、彼らがいろんなお仕事をして輝いてる綺麗な景色を見たいなぁという、ひどく個人的な想いからきているものだけど、CDが売れないというご時世、それが彼らにとってなにかの力になるならできる限りの範囲で協力したいなぁと、作品をきちんと汗水垂らしたお金で買いたいと、そう思うのでした。

量をいっぱい買うのが正義!とかそういうことを言いたいのでは決してなくて、でも時にはそういう応援の仕方もあっていいのではないかと、この件があって初めて思いました。だからと言って大量に購入して中古店に持ってくぐらいなら買わない方がいいとも思っていて、少しでもキスマイが気になってる人にプレゼントするとか、何かそういう心ある行為で応援することができたらいいよね。

そして何度も言いますが、人それぞれに色んな事情や応援の仕方があると思いますので、無理をしてまでコンテンツを買う必要はないですし、それの是非や良し悪しを議論したいのではないということだけをここに記します。

その昔、Last.fmというインターネットラジオがあって(今もあるのかな?)世界中のアーティストの楽曲が無料で流れており、そこで好みの楽曲を発掘して、そのアーティストのCDを買うというのがその頃の私の楽しみでした。でも日本の楽曲は著作権の関係などで殆どLast.fmに流れてなくて、そこで知り合った人と「音楽ヲタにとっては、曲をLast.fmに配信してくれることは、CD購入の意欲に繋がるだけでしかないのにね。」とよく話していたけど、今や時代はそうではなくなってしまったなと、そんな自分がまず特定のアーティスト以外のCDを殆ど購入しなくなったことで気付きます。昔は配信されたものをダウンロードするだけじゃ味気なくて嫌だったのに、それに抵抗感が殆どなくなっているという。(もちろん大好きなアーティスト=キスマイちゃん等の作品はきちんと手に残る形で欲しいけども)この短い年月で確実に音楽の世界は変わったなぁと感じます。アプリで気軽に音楽もダウンロードできちゃう時代だもんな…。その中でやはりCDが何万枚も売れていくということは奇跡にも等しいのかもしれない。ジャニーズが配信をしない限りは、CDなどのコンテンツを購入することに大きな意味があることは確かだと思います。

長々と話があちこちに飛びましたが、結局何が言いたいのかというと、最近の彼らと彼らのリリースするものがすごくいい感じだからほんといろんな人に知って見て感じでもらいたいということなのでした。こんなところでお目汚しすみません。

 
Kis My Ft2の「Sha la la☆Summer Time」夏の終わりを飾るのに相応しい、爽やかでちょっぴりおセンチなナンバー。久しぶりにMVで彼らの代名詞でもあるローラースケートを履いているのもとっても嬉しい、素敵な1曲です。


(追記)

8/26、MステでSPメドレー見ました。
なんだか色々ゴチャゴチャ綴ったのが恥ずかしくなるぐらい、彼らのパフォーマンスが圧倒的に格好良くてしびれました。こうやって言葉のいらないものを見せ続けて行って、全ては杞憂だったと証明し続けてくれたら嬉しいし、きっと彼らはこれからもそうし続けるであろうと思った夜でした。 5周年本当におめでとうございます。そしてありがとうございます☆

f:id:apros711:20160826154143j:image

 ※関係ないけど昔から北斗七星とは魂のご縁を感じており、キスマイちゃんが北斗七星になぞらえていることにほんのり嬉しさも感じております。

 

 

 Sha la la☆Summer Timeのレビューとリンクは下記から↓

 

<Sha la la☆Summer Time 初回生産限定盤A>

~CD~

1.Sha la la☆Summer Time
2.スナックSHOW和(北山宏光横尾渉宮田俊哉

~DVD~
1.Sha la la☆Summer Time MUSIC VIDEO
2.MUSIC VIDEO メイキングドキュメント

カップリング曲は、北山君、横尾さん、宮田君の3人が繰り広げるラジオドラマ風組曲(笑)スナックSHOW和の宮ママ(宮田君)とそこに訪れる客、渋谷ミツ(北山君)、横さん(横尾さん)の歌と小芝居を聞き込むうちにクセになってしまいます。特典DVDはシャララ~のMVとメイキング。80年代のドライバーズカフェをイメージしたセットでローラーで駆け回る7人がとってもキュート。メイキングのBAR宮田でのメンバーのやり取りが個人的にツボです。笑

 

<Sha la la☆Summer Time 初回生産限定盤B>
~CD~
1.Sha la la☆Summer Time
2.70億分の2(二階堂高嗣、千賀健永)
~DVD~
1.Sha la la☆スピンオフ~LAST SCREAM~
2.スピンオフMUSIC VIDEO メイキングドキュメント
3.キスマイサマーSP ~沖縄ロケメイキング映像~

初回Bのカップリング曲は前世でも兄弟だったという(笑)シンメ、二階堂君と千賀君のしっとり聞かせるバラード。DVDのスピンオフMVは夏のパーティーを楽しむきすまいたちの元へ宇宙人が落ちてきてイタズラをしかける、キスマイピンチ!のストーリー仕立ての作品。ツアーで大活躍してくれた激かわいいキャラクター、スクリ~マ~ズたちも一瞬映ってくれているのがとっても嬉しい^^♡メイキングではバーテーブル横尾でお酒を飲む藤ヶ谷君がツボです。キスマイサマーはツアーで販売されたパンフレットやフォトセット、アルバムのフォトブックなどの沖縄撮影の様子を。海辺でメンバーがじゃれあってる姿がとっても微笑ましいです。

 

<Sha la la☆Summer Time 通常盤>
~CD~
1.Sha la la☆Summer Time
2.DREAM STAGE
3.Touch(藤ヶ谷太輔玉森裕太

通常盤収録のカップリング曲「DREAM STAGE」はツアーでも披露された曲。これを聞くと会場をローラーで全力で疾走する北山君の姿を思い出してシャララ以上に夏を思い出して感情が揺さぶられます( ;∀;)曲調はどこか懐かしくて、光GENJIさんみたいな雰囲気。Touchはエース二人による今っぽいサウンドのただただカッコイイ1曲。スナックSHOW和、70億分の2、Touchとそれぞれの個性を活かしつつ、こういったふり幅を魅せることができるのもキスマイの持ち味だと思います。

 

Sha la la☆Summer Time(DVD付)(初回生産限定盤A)

Sha la la☆Summer Time(DVD付)(初回生産限定盤A)

 
Sha la la☆Summer Time(DVD付)(初回生産限定盤B)

Sha la la☆Summer Time(DVD付)(初回生産限定盤B)

 
Sha la la☆Summer Time(通常盤)

Sha la la☆Summer Time(通常盤)