銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

暑中お見舞い申し上げます

皆様お元気でいらっしゃいますか?
もはや雨季では?というような長雨の7月でしたね。
豪雨の被害にあわれた地域の皆様にお見舞い申し上げます。
また8月に入り、一気に暑くなってまいりました。
暑さ厳しき折柄、皆様くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
 
さてさてお久しぶりの記事なのですが お知らせをば。
オンラインショップに新しいアイテムを追加いたしました。


 f:id:apros711:20200805120304j:image
f:id:apros711:20200805120308j:image

アイオライト 真鍮リング(11号)

先日、イエローサファイアのルースを使った同じ真鍮リングを作りまして、Facebookでお知らせしたらすぐにお嫁入りが決まってしまい(ありがとうございます!!)、オンラインショップやこちらにてご紹介できなかったのですが、
今回はブログで先にお知らせいたします。笑
 
スリランカ産の透明度が高く色味も美しい天然のアイオライト、表面に細かな傷があるため格安でルースを入手することができましたので、こちらのお値段でのご紹介です。傷、といっても気になるほどではないので、もしご興味のある方はぜひぜひ。4400円、11号サイズのみです。
 
アイオライトは、鉱物学上ではコーディエライト(菫青石)と言います。
バイキングがその昔、航海に出る時に携え、日光に向けて回すと色が変わるという特性があり、羅針盤の方角を算定するのに使ったといたという云われがあるため、目標に向かって正しい方向へ向かうことや、霊的成長を促すとされています。

その人にとっての正しい方向へ〜というところから、周囲の期待から自由になり、本来の自己を表現することや、自分で責任を負うように奨励することから、相互関係の中での共依存を克服することができるなどの効果が期待できます。
 
また土台となっているメタル、こちらは真鍮となっております。
真鍮は銅と亜鉛の合金です。
魔術的な意味合いでは真鍮は金の代用として使われてきたそうで、特に金運、守護、ヒーリングに使用できます。
真鍮製のアクセサリーを身に着けると、負を跳ね返す防御魔法にも用いられるようです。
 
うん、宝石魔法を勉強したくてねーー、最近はいろいろ本を読み漁っております。
石の魔術を極めてゆきたいのですよ。

石の魔術師になる、おで。ほんきで。

講座もたくさん受けていこうと計画しているところです。
鉱物学としての石、魔力を持つものとしての石の二つの側面を学ぶだけでなく、
占星術もちょっとまた基礎から勉強しなおしたいなと思っていて、単発の講座とかいろいろ受けてます。護符を作るには、星の配置を読めたほうが圧倒的に護符としてのパワーがアップすると思うのですよ。
私が作りたいものは、アクセサリーではなくて、やっぱり護符とかの魔装具なのですよね。綺麗なだけじゃ楽しくないと、しみじみと思います。
今後はもっと天体の動きや、季節に合わせてアイテムをご提案していきたいと思っています、どうぞよろしくお願いいたします。

 

あ、それと試験的にnoteを始めてみました。

note.com


こちらのはてなブログはショップのお知らせとか、気合い入れて書くぞー!って感じの記事を残す感じなのですが、それだとなかなか更新できないので、こまごまとした呟きや雑感などをつづってみようかなと。
より自分の生態に近い感じですかね。
 
あとはtwitterFacebookinstagramなんかのほうがよく出没しておりますので、
ぜひご興味のある方はそちらをチェックしてみてください。

 

汝、インカローズに沐浴し、悠久の傷を癒したまえ

皆様ご無沙汰しております。
5月に入りましたがまだまだ不安な状況が続いておりますね。
生活様式や働き方をがらりと変え、対応で疲れも出やすくなっていると思いますが、無理せず緩めれるときにはゆるりと参りましょう。

さてさて、記事は半分出来ていたのですが
なかなか投稿できずにいたものを少しずつアップしてゆきます。

2~3月ぐらいにこんな夢を見ました。
海外のヴィンテージショップをうろうろしている私。
ショーケースにとても大きな<菱マンガン鉱(ロードクロサイト・インカローズ)>の標本が売っていて、そのありえない値段に興奮して(1500円だった・笑)一緒に来ていた知り合いたちに購入を勧めるんだけど、みんなあんまり興味がない様子。
仕方なく別なコーナーの小さな箪笥の引き出しを開けていると、そこには天然石(ラリマー、ヒデナイト、フローライトとか。。。)やガラスのペンダントトップがたくさん入っていました。更にどんどん引き出しを開けていくと、真鍮枠に嵌った5㎝ぐらいのハート型のインカローズが。裏面に一か所凹みがあったけどこれなら使えるな、と思い購入する。…というもの。
なんだか印象的で目が覚めてもはっきり覚えていました。

昨年後半の、トラサタブレス作製の折にもインカローズの夢を見たりして、ずっとインカローズが地味にアピールしてくるので、上記の夢を見たタイミングでインカローズに改めて向き合っておりました。

今回深く向き合ってみて感じたのは、孤独感とか、そういうところからくる自己否定みたいなものに、とってもよく作用してくれるなということ。
ハートの傷を癒し、溢れんばかりの愛を注いでくれる。
愛という言葉が苦手なら、安心感・満たされているという感覚、でも。
人を羨んでしまったり、自分のできなさや、持っていないことばかりに目が行ってしまう時、なぜそんなことが心の中で起きるのかをきちんと理解し、傷を癒す作業は大切です。
そして癒し満たされた時、人は自分の情熱~創造に集中できるのだろうなと思います。 

そんな心の傷や欠乏に<愛>を届けてくれる、インカローズの効能ってやっぱり素晴らしいなと、そう思いまして、3月末~4月にかけて、<傷>を癒すのに特化したブレスレットも製作しておりました。
今まで意外とインカローズを主役に作ったブレスやペンデュラムはあまり作ってなかったのですよ。
Facebookのほうではご紹介しましたが、ブログやオンラインショップで紹介する前に売り切れてしまいまして、後からのご紹介になってしまい申し訳ありません。

その名もインカローズ絆創膏ブレス。笑
(きちんとした名前を付ける前に完売してしまいました)

f:id:apros711:20200512151740j:image

f:id:apros711:20200512151744j:image

f:id:apros711:20200512151736j:image

アルゼンチン産インカローズの美しいビーズが少量手に入りまして、
別途、千春兄貴の傷の治りを良くする活性化の魔法もお付けし、計5本製作させて頂きました。

絆創膏だから柔らかい感じで〜と思ってたのに、
なんかゴージャスで華やかな感じになってしまったのでした。
いつもそうだけど、今回は特に作らされてる感がすごかったな。
製作時は神の傀儡と化しておりますです。
アヤシイですけども、ええ。(笑)
ルチルの隣にアンバー とか鬱陶しくない?と、場所替えようとするんですけど、そこじゃない!みたいな。自分では、ぜっえったい選ばない組み合わせ。

千春兄貴に完成した写真お見せしたところ、
エジプトの女神がゴージャスな風呂場で沐浴するイメージと共に

『 悠久の傷を癒す 』

って言葉が降りてきたそうです。
アムリタとか変若水のような感じで、女神のエネルギーの沁み込んだお湯に浸かってしっかり癒される感じでしょうか。
なので、今生だけでなく、ながーい魂の歴史の傷を癒すのにも最高だと思います。

我ながら良きブレス作ったわ(自画自賛


そして下の画像は昨年、トラサタブレスの試作で製作した冥王星ブレスの初期案。

夢で冥王星インカローズ(もしくはインペリアルロードナイト)!と言われて作ったんだけど、皆さんにとっての冥王星というか私にとっての冥王星インカローズだったのかもしれないなと思い、自分用に使っておりますよ。
そしてともすれば「己なぞ…」とうじうじしがちな私に、お前の<愛>はそんなもんか!とことん向き合ってトライするのだー!と突きつける楔となっております。
f:id:apros711:20200512151807j:image

 

仕事納め

  f:id:apros711:20191231160857j:image

熊谷千春さんとコラボさせて頂いております、2019年末の魔道具・トランスサタニアンブレスレットの年内分の発送を昨日終え、昨日で年内のアクセサリー仕事終了いたしました。
年内オーダー頂いた分でまたお届けになっていない皆様の分は年明けに発送いたします。どうぞよろしくお願いします。

年明けもビーズがある限りはトラサタブレスお作り可能です、分割でのお支払いも可能ですのでご相談下さいませ。
写真はカスタム版のトラサタブレス、要石を10mm玉から8mm玉に替えております。
フルバージョンはカスタムも可能です。
2020年のバックアップにトラサタブレスいかがでしょう?

andromevda.jimdofree.com

 

皆様、2019年も大変お世話になりました!今年1年を一言で表すならば、石で始まり石に終わる1年だったと思います。2020年もどうぞよろしくお願いします。

皆様、良き年をお迎え下さい💖

f:id:apros711:20191231161129j:image

トランスサタニアン・ブレスレット

f:id:apros711:20191122170104j:plain

 

願いを叶えるアクセサリーや護符ペンデュラムなどでお世話になっている、錬金術師の熊谷千春さんから夏にお話を頂いて、少しずつ構想を練りながらようやく完成いたしました2019年のコラボブレスレットのお知らせです。

去年は四大元素ブレスレット、イギリス魔法ブレスレットで年末のコラボをさせて頂きましたが、今年は西洋占星術をベースとしたトランスサタニアン・ブレスレットです。

トランスサタニアンとは、太陽系の土星より外側の惑星(準惑星)の天王星海王星冥王星のことを言います。この3つの惑星(準惑星)は地球からは肉眼で見ることが出来ないため、「無意識」の世界を象徴するといわれています。
無意識の世界、常識を超えた、普通からは逸脱した世界。それがトランスサタニアンの世界です。土星より外の世界=今ある枠を超えたエネルギーを少しだけ意識的に取り入れることができれば、私たちの視野、魂の領域は拡がってゆくと考えます。

 今回お届けしますトランスサタニアン・ブレスレットでは、扱いにくいトランスサタニアンのエネルギーを石を通し具現化いたします。そして個人の生活に使いやすい形でお届けいたします。

トランスサタニアンといえば、私は太陽月水星MCまるっと魚座で、アングルに海王星がいることからも海王星の影響はめちゃめちゃ強いのですが、海王星の繊細さ~感じやすさ、人の気持ちが入ってきすぎてしまって揺れてしまうというのは幼いころから常でした。
そんな繊細な自分が恥ずかしくて嫌で嫌で…、揺れないためにいつのまにか人と対峙するときに防御壁のようなものを築き上げていたのですね。
なので揺れみたいなことは以前から比べたら感じにくくなって、強くなったじゃんオレ。とか思ってたんですけど、人の感情をシャットアウトするということは、自分に向けられた良き感情(いろんな好意)もものすごくスルーしていたんだということに、トラサタブレスを製作している時に気づきました。
人から感情を向けられることに傷つきやすい繊細なままの自分が居て、海王星の力で繊細さを麻痺させてただけだったのでした。笑

その繊細さがあるからこそ、できることもあると思うし。無いことにせずうまく向き合って付き合っていくことが大事だなと本当に思いましたね。

そんなわけで作り手である私も、トラサタブレスの影響受けまくりなわけです。トラサタブレスには自分が見ないようにそのままにしていることを気づかせてくれる効能もあるんじゃなかろうかと思います。
現実と向き合うことは、限界を超えるためには必要なことですね。

そして限界を超えるという命題をクリアすべく、ブレスレットの要石には、メテオライト、オーラライト、モルダバイトなどの強力な子たちを選びました。もちろん今回も千春さんの魔法をのせてお届けいたします。

2019年から2020年に年が移り変わる時期に、
強力なバックアップとなるブレスレットをぜひお迎えくださいませ。

 

f:id:apros711:20191122173032j:plain

 

andromevda.jimdo.com

arcanum amulet 祓<はらひ> アンバーのペンダント

f:id:apros711:20191107121710j:plain
ご紹介するのがたいっへん遅くなってしまいました...TT
先日、魔除けに特化したアクセサリーライン「arcanum amulet 祓<はらひ>」のオーダーを頂きまして、お作りしドミニカ産ブルーアンバー(琥珀)を要石に据えたシルバーのペンダントです。

人間生きていると、何かしらの集団に属している方が多いと思います。
会社や学校、ママ友など、苦手だけどどうしても避けれない・避けにくい関わりというものがあることでしょう、こちらのペンダントのご依頼主様からも縁切りのオーダーを頂いておりましたが、祓ネックレスをオーダーしたすぐ後に、職場の苦手な人が異動になったそうです。自分で作っておきながらなんですが、すごい効果・笑。
こちらは石を選んでお作りした後に、千春さんの超強力な魔法でコーティングしておりますので、そもそも効かないわけがないのです。効果3割増しかと(それ以上かも)。

今回要石に選ばせて頂いた、アンバーは古来より様々な魔術に使われてきました。ジュディ・ホールさんの著書によるとサイキックバンパイアに対する盾になる石だとのことで、祓の意味で使わせていただきましたが、肉体の不調を取り除いたり、調整してくれるのにもとてもよく作用するイメージもあります。関節炎などにも良いといいますね~。

ご依頼主様は、以前、願いを叶えるアクセサリーもオーダーくださっていたのですが、その時も色々なことが動いたとのこと、魔法道具の効果がしっかり出たようですネ。それもこれもその魔法を使いたいと思って下さったご依頼主様の力に他ならないのですが、お聞きできて安心いたしました。

この祓ネックレスもまたたくさんお仕事してくれるよう願っております。

オーダー誠にありがとうございました^^


f:id:apros711:20191107120752j:image

andromevda.jimdo.com

アクセサリーのお直しについて

下書き数か月前に書いておいて、投稿できておらずスミマセン…orz

 

アクセサリーのお直しについてです。
「願いを叶えるアクセサリー」「arcanum amulet祓」「護符ペンデュラム」
でお世話になっている熊谷千春さんのブログにて、魔法のかけ直しと、アクセサリーのお直しについて書いてくださっております。

eclosion888chiharu.jp

「願いを叶えるアクセサリー」「arcanum amulet祓」「護符ペンデュラム」

こちら3種類のアクセサリー・ペンデュラム、千春さんの魔法を最後におかけしているのですが、こちらの魔法の効果は約3か月となっております。
3ヶ月を過ぎた後、再度魔法をおかけするのを希望される方は6,600円にて承っておりますのでご連絡くださいませ。

また、お使いいただくうちにアクセサリーが壊れてしまったり、石の元気がなくなってしまったり…いろいろな不具合が出てくることと思います。
千春さんがブログに書いてくださっているように、やはり湿気や汗、皮脂からの油分など、ぶつけたり擦れたりすることで石や金具が摩耗していきます。

そして物理的ダメージだけでなく、上記三種類のアクセサリー以外にも、arcanumでお作りしているアイテムはすべて、<魔道具>ですので、主様を守ったり主様の願いをサポートするためにお作りしております。主様の身代わりになったり、主様の状態がそのまま反映され、アクセサリーが傷んだり壊れてしまうこともございます。

ここ1年で素材もいろいろ見直しており、その都度強化しております。
お作りだけでなく、その後のメンテナンスも、もちろん承っております。
アクセサリーを長くお使いいただけるよう、ぜひメンテナンスやお直しもお気軽にお問い合わせください。
きちんとメンテナンス&お直しさせていただきます。(クリーニングと浄化含む)
石の状態を見て、別のものへの交換をご提案させて頂くこともございますが、ちょっとした金具やゴム(ブレスの場合)の交換で済むようなものは、送料のみで承っておりますのでお気軽にご相談ください。また、不具合が出る前に定期的にメンテナンスに出して頂いてもよいかと思います。

なるべく石もパーツも強度を上げてお届けしたいと思っておりますが、美しさを保つために強度を上げることに限界がある場合もございます。(いつも悩むところです)


日々のアクセサリーのお手入れ(使用後は柔らかい布で拭く等)、なるべくダメージを受けにくい環境でご使用いただいたり、お手持ちの別のアイテムとローテーションしながら使っていただくことなどにより、劣化を防いでいただければ幸いです。

いつもまんなかには、橄欖石色の光が、

先日、albireoのYew様から遠隔でジェネシスヒーリング(Arganza Genesis Healing ™️)を受けました。
以前講座やワークショップなどでよく通わせていただいていたArganzaのAmariさんが作られたこのヒーリング。その全容はこんな感じのものです。

私たちのソウルが地球にやってきた頃や、その初期(創世記)の転生で生まれた傷に対して行われるヒーリングです。
私たちのソウルが、宇宙存在や天使存在として、初めて地球と関わりを持った頃のアイデンティティや傷は、
コーザル体と呼ばれるオーラの4番目の層から外側に情報としてストックされていて、その情報がより体に近い層へ写され、
降りてくることによって、重みを持ったエネルギーブロックとなり、今世まで続く私たちの過去生群に影響を与え続けています。

その情報の発信元に働きかけるのが、ジェネシスヒーリング。
(Albireo様HPより抜粋)

私たち人間はみな、今の人生を生きている「自分」の奥に、太古よりこの地球というシステムに転生している宇宙的なエネルギー意識としての魂、「ソウル」の歴史を刻んでいる。地球に来た最初の、或いは初期の頃の生命体としての記憶・記録が宿る層、これをアルガンザでは「ジェネシス層」と呼んでいます。その層にアプローチすることで、魂が持っている痛みや生きにくさや苦しみのパターンを、原型、鋳型から癒し解放を促します。

幾ら内側のオーラ層から、今生の記録、過去生ひとつひとつの記録を癒していっても、その試みを延々と続けるようでは、同じパターンから抜けることはなく、また、外側のオーラ層から情報を載せたエネルギーは常に、より粒子の密度の濃い、質量のある内側のオーラ層へと運ばれて来ます。 そうして、感情や思考、肉体、健康問題や人間関係などの現在の自分の「現実」の総体に影響を与え続けます。『各論』ひとつひとつを癒すのではなく、『総論』に普遍するカルマの元を、癒す。それがジェネシスヒーリングです。

(Arganza様HPより抜粋)

 

自分Arganza様のところでお世話になっていた時期、共に集い学んでいた仲間たちとArganza様の元に集うジェネシス層の情報を少し垣間見せてもらったこともあり、もちろん自分の魂の歴史にリンクすることも多々ありました。
その頃よりさらに情報体系が完成し、ひとつのヒーリングメソッドとして確立された、ジェネシスヒーリングにとても興味があり、いつか受けてみたいと思っておりました。
6月後半に入ってからジェネシスヒーリングを今のタイミングで受けたいという思いが強くなり、現在はAmariさんご自身はヒーリングセッションを行っていないとのことで、ジェネシスヒーリングを扱っているプラクテイショナー様のどなたかからぜひ受けたいと考え、Yew様のHPにたどり着き、ぜひYew様からお受けしたいと思い、申し込みました。

今回、Yew様からジェネシスヒーリングを受け、自分の魂の歴史をさらに深く紐解くことができて、本当に良かったです。

詳細は端折りますが、私はArganza様の創世記(ジェネシス層)でいうと、アンドロメダ、アンドロセラフとしての魂が強いのですが、その時代に「赤と青」の戦いの記憶を自身に取り込んで転生を繰り返すことで昇華を試みるという決断をしたグループだという情報が今回浮かび上がってきました。

数年前通っていたArganzaのヒーラーズカレッジの卒業課題で発表した自分で作り上げたエネルギーワークの内容がそれを連想させるようなもので、とても驚きました。

今回のジェネシスヒーリングのシェアで、教えていただいた私の魂の色。

 

「赤と青」「ペリドットグリーン」「ダークブルー」

 

ペリドットグリーンは私の魂の根幹にある色だそう。
アンドロメダセラフィムや自然霊だった時代の。
グリーンが魂の色というのは、以前、他の人にも言われたことがあったっけ。

赤と青は、アンタレスアルクトゥルスの色。
対をなすもの、葛藤の根源。
交じり合わず、右と左にそれぞれくっきりはっきりあるそうで、
それもなんとなくわかる。

あとはダークブルー、これは地元の土地に関する色でもあるっぽい。
なんとなくこれもわかる。


なんだか教えてもらった色が私の目にも鮮やかに展開するものだから、
どうしてもこの色たちを表現してみたくなり、
それでさっそくグリーンのブレスレットを製作しました。

f:id:apros711:20190720122140j:image

グリーンアメジストペリドットを使ったブレスレット。
私の魂の色でもあり、きっとアンドロメダに関する宇宙の色。
ご縁の方にも届けばいいなと思いつなぎました。

残りの色でも製作していきたいな。
私の中にあるこの色たちをどう表現していくか自分でも楽しみ。
今回作ったペリドットグリーンのアクセサリーも、これだけで終わりじゃなく、また色々バリエーションを替えてお届けできたらいいなあと思います。