読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

2016.5.17 TAKE FIVE2 赤坂actシアター

ジャニーズ・キスマイごと 舞台・コンサート

f:id:apros711:20160610113833j:plain

5月17日、藤ヶ谷君主演のTAKE FIVE2を観劇してきました。

この日は、藤ヶ谷担の妹とそしてご縁を頂いた藤ヶ谷担のK様と共に観劇。
私がキスマイにはまったキッカケは妹なわけなのですが、彼女は旦那の仕事の都合で海外と日本を行ったり来たりで、タイミングが悪くてツアーや舞台などで生でキスマイを観たことはなく、この日が初のナマヶ谷なのでした。笑

TAKE FIVEシリーズはドラマも前作も観ておらず、今回のtwitterなどのレポもほぼ見ない状態で観劇したため、楽しめるかどうかとても不安だったのですが、前作を観ていなくてもとっても楽しめる内容でした。
ストーリー構成がしっかりしていて、とても分かりやすく、また、LEDパネルに映し出される映像と、実際の役者さんの演技のコラボレーションが素晴らしくて、2階席の後方だったのですが、遠いと感じることもなく、時間が経つのがあっという間のほんっとーに楽しい時間でした。

LEDパネルを使った演出の効果か、何というか「舞台」というより映画やドラマを1本観ているような不思議な感覚でもありました。舞台のごちゃごちゃな感じが好きだったりもするので、そこがちょっと物足りない感じもあったけど想像以上に楽しい舞台でした。

ストーリーは、藤ヶ谷君演じる帆村守とその仲間達が近未来と現代を行き来し、ウィルステロを止めようとするSFチックなお話。

藤ヶ谷君演じる帆村守と真宮秋の二役のキャラクターがどちらも魅力的で、藤ヶ谷担出ない私も少々前のめりになりながら観劇しました。笑

ヒロインの新川優愛さんや朝倉あきさんなどの女性陣は可愛らしく華があり、そして宝塚出身の安蘭けいさんのテロリスト・海堂レン役はとっても格好良かった。すらりとした手足から繰り出されるアクションシーンは圧巻でした。海堂のテロリストになった経緯とか少しだけ語られるシーンがありましたが、折角なら深く掘り下げて欲しかったかなあ、もっと出演シーンがあればよかったのに~と思っちゃいました。残念!
山本裕典君や駿河太郎さん、猫背椿さんのコミカルなお芝居にもとっても笑わさせて頂きました。特に山本君はキスマイネタをたくさんアドリブで入れてくれて、圧倒的に藤ヶ谷君のファンの多い客席のツボ掴んでるな~と思いました^^

そして藤ヶ谷君のダンスソロのパートがこれまた素晴らしくて、隣の席に座っていた藤ヶ谷担2名が小さな悲鳴を上げていました。笑

あっという間のお芝居、大満足で赤坂の駅で電車を待っていると70~80代ぐらいの白髪のおばあ様が、「この電車は○○駅に行くかしら」と訪ねてきて、スマホで検索して差し上げたのですが、どうもそのおばあさま、TAKE FIVE2帰りだったようでした。なんだかほっこりしました。

 

www.tbs.co.jp

これ3もあるのかな~。そんなことを匂わせる千穐楽だったみたいだけど、来年もあったらまた守くん(藤ヶ谷くん)に会いに行きたいと思います。やっぱり生のお芝居、舞台っていいね^^楽しかった~。

 

f:id:apros711:20160610113750j:plain

帰りにactシアターの前で「コインロッカー・ベイビーズ」のポスターをぱちり。えびちゃん(A.B.C-Z)たちは、とっつー(戸塚君)の「寝取られ宗介」しかり、面白そうな舞台でてて凄い羨ましいー、キスマイもこんな感じのに出てくれればいいのにと思うこの頃です。商業ベースも大好きだけど、ほんとの好みはこっちなんだよ~。汗のつぶがギラギラ光って泥臭い、そんな生っぽいものが。

個人的にキスマイって、かゆいところになかなか手が届かないじれったい感じがあるので(笑)でもそれが次への期待値になって目が離せないのかもしれないな~。でも、もっともっと剥き出しの彼らのお芝居や舞台を観たいな。願い続けよ~~

…なんて、余談でした(笑)