銀河はめざめた

Annaの雑感、ショップ日記、巡礼記、キスマイごと

誕生日の朝に電脳的な夢を見た

何かから逃げて、地下への重厚なエレベーター、
降りたその先に異世界への出発ゲート

仲間と共に原始的異世界への逃避

出発ゲートのロビーにはたくさんのお土産物が用意されていて
その中から私は淡い金色のワンピースを手にする
花の形のビジューで彩られた素敵なワンピース
向こうに着いたら不必要な気もするが
こういうものは向こうに無いから、思い出として向こうで着ようと思う

ゲート前に立ち、さあこれからいざ出発!
 
 
・・・というところで目が覚めてしまいました。
がっかり。笑

夢の中で何かに追われるような、パニック映画さながらの夢をよく見るのですが
追われて逃げていくと、1回の夢で逃げ込む先や場面がめちゃくちゃ移り変わっていって、その場面ごとに空気感ががらりと違っているのが面白いというか。
そして結末は、だいたい逃げ切れずに捕まって終わりか、逃げている途中で目が覚めるというのが定番なのだけど、ふと、これって地上や自分の肉体から離れて、意識?や夢の階層がどんどん深くなったり(移行したたりしている)ことなのでは?と妄想めいたことを考えてしまいました。

本日、37回目の誕生日を迎えました。
魔術的目覚めで大変気分がいいです。

今年一年、金色のワンピースを纏って、
より変態的にオタク道つきつめていこうと思います。
あと記事ももっと書くようにします。笑

カメラを買う

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Aya Kimura (@annayaa44)

 
 昨年末、お仕事用(アクセサリーや石の撮影用)にミラーレス一眼をとうとう購入しました。FujifilmのX-T200というエントリーモデルですが、スマホでは再現できない色味、質感、すぎょい!!と感激したのをきっかけにカメラ熱が高まりましてねぇ。

フィルムカメラも欲しくなりまして…(Oh物欲)

…とは言ってもHolgalomoカラースプラッシュ等のトイカメラで遊んだことがあるぐらいのど素人、一眼とか手に余るようなものは無理なので、簡単に扱えるものがいいな…とlomoのコンパクトカメラ、スメナシンボルを中古でゲットしました。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Aya Kimura (@annayaa44)

で、このスメナシンボルすごくすごく気に入ってしまいました。
めちゃめちゃ撮るのが楽しくて、あっという間にフィルム1本使い切ってしまった。
仕事用だけじゃなくて写真もどんどん撮って腕磨きたいです。にゃはは。

2020年もありがとうございました

f:id:apros711:20201231204041j:image
f:id:apros711:20201231204037j:image

https://atcanum.thebase.in

 

2020年もarcanumをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
本当にお世話になりました。

オンラインショップに先程、今年最後の商品をアップしました(^^)
ザギマウンテンクォーツと、マダガスカル産の縞瑪瑙。どちらも美しい石です。


皆様、良き年をお迎えくださいませ。
2021年もどうぞよろしくお願いします。

 

Anna

 

12/14 arcanum online shop に ヒマラヤ水晶等up

シークレットサイトで先行販売しておりました、ヒマラヤ水晶他
arcanum online shopにて販売を開始いたしました。
  f:id:apros711:20201215105303j:image

atcanum.thebase.in


また同時に在庫商品のセール(15~20%オフ)も開催しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

今回仕入れてきたヒマラヤ水晶を扱っている方と、ご自宅の展示会でいろいろお話させて頂きました。現地の写真を見せてもらったり、あちらの様子も教えてもらったり。
夫氏も連れて行ったため、話が盛り上がり、気が付いたら4時間滞在していたというね。笑
 
水晶がこんなに好きなのって(しかも無色透明でギラギラなやつ)日本人ぐらいなんだそう。へ~って思いましたね。透明で汚れなきイメージって、日本人の宗教観のようなものや精神性とも繋がるような感じなのでしょうか。

それとお話ししていて感銘を受けたのは、
彼は元ヒッピーなのだそうで、ヒッピーの友達は世間から遠ざかって今もコミュニティーを作って山の方で暮らしているそうなのですが、(すべての人がそうではないと思いますが)「世界が変わらないこと」に対して強い憤りを持っている人たちが多いらしく、それに対して彼が「自分から世界を切り離しているのだから、それは変わるわけないよね」と、静かにそう話してらっしゃったことです。
また、石を通して普段なら絶対に出会わない自分とは違うタイプの人や業種の人とも会うことができるとも仰ってて、そういうのもなんかいいよなぁ~~石にはそういう力があるなぁと、石を真剣に選びながらも深く感動しておりました。

世界や人々とどういう接点を持つか、どう関わって生きていくか、というのをね、私自身が改めて考えるきっかけにもなりました。

何気ないことなのだけど<響く>出会い・体験というのが、生きていると稀にありますが、いわゆるシンクロニシティのような、久しぶりに味わいました。

f:id:apros711:20201215105258j:image
この方が扱う水晶には、初雪が降った日の朝のような瑞々しさや清涼感があって、個人的にもとても惚れ込んでいます。ただ透明なだけじゃない、石の一つ一つに精霊のようなものが宿っているような佇まいが魅力的です。

ぜひぜひ取り扱いたいと思い、今回念願かなって、すこしお譲り頂けることになりました。ご縁の方の元にお届けできたら幸いです。

f:id:apros711:20201215105251j:image
f:id:apros711:20201215105254j:image
 
それでは良き一日を^^
 
Anna